がん予防効果があるのは意外なあの食材!? 一番コスパが高い食材と料理法も大公開!

“その他”に関するねだんのこと

2016.04.01

日本人の死因第1位であり、3人に1人が罹患すると言われるがん。国民病とも呼ばれるがんは、食生活が要因になることも多いそうです。そこで今回は、NS Labo代表理事で管理栄養士の岡田明子さんにがん予防に効果がある食材についてうかがいました。身近にある食材を使ったがん予防に効果が高い料理も教えてもらいました。

がん予防効果がある食材は、意外と身近に

食べているものが私たちの体をつくると言われているように、人間にとって食事はとても大事なもの。がん予防の効果がある食材を取り入れた健康的な食事を心がけてみましょう。


特に、がん予防に効果があるとされているのは「天然の化学物質と言われるフィトケミカルが含まれている食材」と岡田さんは言います。フィトケミカル(ファイトケミカルとも言う)とは、糖質、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルの5大栄養素と第6の栄養素と言われる食物繊維に続く、第7の栄養素として位置づけられる栄養素のことであり、美容や健康に効果があるとされる成分を総称した栄養素です。アメリカ国立がん研究所が発表しているがん予防の効果がある食材約40種類の中から、フィトケミカルを含んでいて日本でも手に入れやすい食材を平均的な金額とともにご紹介します。


  • ・ ニンニク…1個 50円

  • ・ キャベツ…1個 255円

  • ・ 大豆…1缶 124円

  • ・ ショウガ…1個 23円

  • ・ ニンジン…1本 25円

  • ・ セロリ…1本 110円


スーパーなどでも手に入りやすいものばかり。だからこそ、できるだけ日頃の食生活に取り入れたいですね。

アレンジの幅が広いキャベツがおすすめ!

がん予防効果がある身近な食材。せっかくだから、これらの食材をふんだんに使った料理をおいしく味わいたいもの。おすすめの食材と料理法を岡田さんに教えてもらいました。


岡田さんががん予防として一番おすすめしたい食材は「キャベツ」だそうです。「キャベツに含まれているグルコシノレートというフィトケミカルが、肝臓の解毒酵素を誘導して発がん物質を無毒化すると言われています。それだけではなく、血液の凝固を抑制する働きもあるんです。キャベツを1個買っておけば、生のまま食べるだけでなく、炒め物や煮物などにも使えるからお得ですね」と岡田さん。


そして、キャベツを使った料理としておすすめなのが、がん予防効果があるとされるニンニク、ショウガ、ニンジン、セロリを一緒に使った野菜炒め。1人前100円程度でしかも簡単にできちゃうのでお財布にもやさしいんです!


「同じ食材を使ったアレンジレシピとして、コンソメなどで煮込むスープもおすすめ。食材の旨みと甘味をしっかり感じられておいしいですよ」と岡田さん。がん予防のための食事というとなんだかハードルが高そうだと思っている方も、これなら簡単にできちゃいますね。


がん予防が期待できるキャベツ。アレンジしやすい食材だからこそ、飽きずにモリモリといっぱい食べることができそう。ぜひおうちでの食生活も見直してみてくださいね。


【取材協力】
管理栄養士 岡田明子さん(NS Labo代表理事)
管理栄養士として健康や美容関連のレシピ提供や商品開発、講演や執筆、メディア出演などヘルスケア分野を中心に幅広く活躍中。個人への食事サポートも行いダイエットなどに悩む方への個々の生活習慣に合わせた的確な指導に定評がある。食事アドバイスサポート実績は延べ1万人に及ぶ。
著書「朝だから効く!ダイエットジュース」(池田書店)他
ブログ → http://ameblo.jp/dietician-aki/

この記事をシェアする

よく読まれている記事

1分でわかる

  • 介護共済 万が一に備えてしっかり準備しよう!
  • 予定利率変動型年金共済「ライフロード」 万が一に備えてしっかり準備しよう!
  • 医療共済 万が一に備えてしっかり準備しよう!
  • がん共済 万が一に備えてしっかり準備しよう!
  • こども共済 万が一に備えてしっかり準備しよう!
  • 建物更生共済 万が一に備えてしっかり準備しよう!

↑