“もしも”の場合に備えとサポートを! 1分でわかる!生活障害共済「働くわたしのささエール」

1分でわかる! 生活障害共済「働くわたしのささエール」

1分でわかる! 生活障害共済「働くわたしのささエール」

“もしも”の場合に備えとサポートを!

もしも、病気やケガで障害を負って働けなくなったら…
まずは知ることから始めて、万一の備えを考えてみましょう!

働けなくなった時の生活資金
不安はありますか?

世帯主が就労不能となった場合、必要な生活資金に対し、約80%の人が不安を感じています。

世帯主が就労不能となった場合の必要生活資金に対する安心感・不安感の割合世帯主が就労不能となった場合の必要生活資金に対する安心感・不安感の割合

公益財団法人生命保険文化センター「平成27年度 生命保険に関する全国実態調査」

さらに年代別にみてみると、より若年層の方が不安の高い傾向にあります。

世帯主年齢別”不安”の割合世帯主年齢別”不安”の割合

公益財団法人生命保険文化センター「平成27年度 生命保険に関する全国実態調査」

働けなくなるリスク
どんな場合があると思いますか?

身体に障害を負って就労不能になるケースはさまざま。年代や性別問わず、どなたにも起こりうるリスクです。

就労不能になるケース(例)就労不能になるケース(例)

上記は、身体障害のリスクのイメージです。身体障害者手帳の等級認定やJA共済の保障の支払要件とは異なります。

働けなくなったら
どのくらいの備えが必要
だと思いますか?

身体に障害を負って働けなくなると、収入は減少してしまうのに、必要な生活資金は引き続きかかってしまいます。

世帯主が就労不能となった場合に必要な生活資金月額世帯主が就労不能となった場合に必要な生活資金月額

公益財団法人生命保険文化センター「平成27年度 生命保険に関する全国実態調査」 端数処理の関係で、各項目の合計値は100%となりません。

  • さらに「支出の増加」「収入の減少」により収支のバランスが崩れて、今の生活が維持できなくなるかもしれません。

JAの「生活障害共済
働くわたしのささエール」
のポイント

病気やケガにより身体に障害が残ったときの、収入の減少や支出の増加に備えられる幅広い保障です。

  • JAなら
    幅広く保障!

    原因が病気かケガかを問わず、身体の障害状態を幅広く保障します。

  • JAならわかりやすい!

    身体障害者福祉法にもとづく、身体障害者手帳制度と連動したわかりやすい保障です。

    身体障害者福祉法の身体障害状態に該当し、1~4級の身体障害者手帳の交付を受けた場合を保障します。

  • JAなら
    ニーズに合わせて
    プランを選べる!

    収入の減少への備えに適した「継続的にささえるプラン(定期年金型)」と、住宅の改修等支出の増加への備えに適した「まとまったお金でささえるプラン(一時金型)」をお選びいただけます。両プランへの加入も可能です。

JAの「生活障害共済 
働くわたしのささエール」は、
身体に障害を負ったときの
収入減・支出増をカバー!
皆さまの“もしも”を力強く支えます!

より詳しい内容や資料請求はこちら どなたでも資料請求いただけます

あらゆる”もしも”に備えて
まずは知ることからはじめよう

  • 1分でわかる! 医療共済
  • 1分でわかる! がん共済
  • 1分でわかる! 介護共済
  • 1分でわかる! 予定利率変動型年金共済 「ライフロード」
  • 1分でわかる! 自動車共済「クルマスター」
  • 1分でわかる! こども共済

↑