こんなにかかるの!?びょうきのねだん

前立腺がん

もしも、前立腺がんになったら…

293万円

(入院治療:男性・入院日数11日間 +
陽子線治療の場合)

こんなにかかることも!

内訳

※あくまで一例です
※各算出はページ下部を参照

入院医療費

・高額医療費払い戻し後の自己負担額:約8万円
-入院医療費総額:約85万円
-窓口で払う自己負担額:約26万円

その他費用

・食事、ベッド、雑費など:約17万円

先進医療

・陽子線治療の場合:約268万円

急激に増加、男性がかかるがん第1位になると予測

近年、急激に増加している前立腺がん。今後、男性がかかるがんの第1位になると予測されており、患者の多くは60歳以上です。早期であれば治りやすいがんで、進行が遅い場合はとくに治療をせず、経過観察を行うこともあります。
尿が出にくい、残尿感がある、夜間に何度もトイレに行くなどの症状がある方は早めに受診しましょう。

ご自身と家族のために、
JAの「がん共済」がサポートします!

1分でわかる がん共済 がん共済について 詳しく知る

・入院医療費:(株)セールス手帖社保険FPS研究所「医療費データブック」30~59歳データをもとにJA共済連試算

・高額医療費:月初入院。70歳未満、区分ウ(標準報酬月額28万~50万円の方) 80,100円+(総医療費−267,000円)×1%で算出

・食事自己負担金:360円/回×3回×入院日数

・差額ベッド代:厚生労働省「主な選定療養に係る報告状況」をもとに8,000円/日×入院日数

・雑費:(株)セールス手帖社保険FPS研究所「平成26年 サラリーマン世帯生活意識調査」をもとに日用品、パジャマ類、見舞・付添者の食事代や交通費等 6,649円/日×入院日数

・先進医療技術費:厚生労働省「平成27年6月30日時点で実施されていた先進医療の実績報告」をもとにJA共済連試算

その他のびょうき