こんなにかかるの!?びょうきのねだん

子宮がん

もしも、子宮がんになったら…

345万円

(入院治療:女性・入院日数18日間 +
重粒子線治療の場合)

こんなにかかることも!

内訳

※あくまで一例です
※各算出はページ下部を参照

入院医療費

・高額医療費払い戻し後の自己負担額:約8万円
-入院医療費総額:約144万円
-窓口で払う自己負担額:約43万円

その他費用

・食事、ベッド、雑費など:約28万円

先進医療

・重粒子線治療の場合:約309万円

子宮頸がんは20代後半から急増、30~40代でピーク

子宮頸がんと子宮体がんの2種類があります。若い女性にとくに多い子宮頸がんは、20代後半から急増し、30~40代でピークとなります。
進行すると不正出血や異常なおりもの、下腹部痛などの症状が表れますが、初期症状はほとんどありません。検診で発見しやすいがんなので、2年に1回は検診を受けましょう。

ご自身と家族のために、
JAの「がん共済」がサポートします!

1分でわかる がん共済 がん共済について 詳しく知る

・入院医療費:(株)セールス手帖社保険FPS研究所「医療費データブック」30~59歳データをもとにJA共済連試算

・高額医療費:月初入院。70歳未満、区分ウ(標準報酬月額28万~50万円の方) 80,100円+(総医療費−267,000円)×1%で算出

・食事自己負担金:360円/回×3回×入院日数

・差額ベッド代:厚生労働省「主な選定療養に係る報告状況」をもとに8,000円/日×入院日数

・雑費:(株)セールス手帖社保険FPS研究所「平成26年 サラリーマン世帯生活意識調査」をもとに日用品、パジャマ類、見舞・付添者の食事代や交通費等 6,649円/日×入院日数

・先進医療技術費:厚生労働省「平成27年6月30日時点で実施されていた先進医療の実績報告」をもとにJA共済連試算

その他のびょうき