妊婦さん必見!妊娠から出産までかかる費用を総ざらい

“こども”に関するねだんのこと

2019.03.14

妊娠してから出産までの期間は、妊婦さんにとって長いような短いようなかけがえのない時間です。お腹の中で赤ちゃんを育て、約10ヶ月のマタニティライフを終え、赤ちゃんの誕生を迎えることは、大変な大仕事ではありますが、同時にとても幸せなことでもあります。できれば何も心配事を抱えることなく、無事出産を迎えたいですよね。


妊娠期間中から避けて通れないのがお金の問題です。妊婦さんは自分の体とお腹の中の赤ちゃんのケアをする必要があり、これには当然のことながら費用がかかってきます。出産時、出産後も同様です。


いくら妊娠・出産が幸せなこととはいえ、費用がかかることを不安に感じる方もいるかと思います。しかしその心配は漠然とした「出産はお金がかかる」という考えが原因かもしれません。誰でも、得体の知れないものは必要以上にこわく感じてしまうものです。


妊娠から出産までの間にどういった費用がどれだけかかるのか把握しておければ、心とお財布の準備が整っていきます。また、妊娠・出産をサポートする各種の補助金も用意されています。この記事では、妊娠から出産に至るまでのお金の流れをご紹介したいと思います。

おめでた発覚!出産までに必要な費用って?

まず、妊娠を確認するために産婦人科などで受診をします。この時の初診料は大体1~2万円程度が相場とされています。


妊娠していることがわかると、いよいよ妊婦さんとしての生活がスタートします。それまで健康だった人でも妊娠中は体調や体質に変化が起こりやすくなります。自分の身体のこと、そして赤ちゃんの成長の様子を確認するために妊婦健診を受けるようにしましょう。なお、厚生労働省は、出産までに受ける妊婦健診の合計回数の目安を「約14回」と推奨しています。


妊婦健診は住んでいる自治体に妊娠届を出すことで受診できるようになります。妊婦健診が普通の健診と違うところは、「健康保険が使えない」代わりに「補助券が交付される」という点です。この補助券については、後ほど詳しく見ていきましょう。


一回の受診料は、検査の内容によって上下しますが、出産までの妊婦健診にかかる自己負担額の合計は5~7万円といわれています。


さて、いざ出産の際に妊婦さんは入院することになりますが、入院するためのグッズを揃える必要があります。入院生活に使う身の周り品なので、大方のものは自宅から持っていけば賄えるかと思いますが、産褥ショーツ、授乳用ブラ、母乳パッドなどはお産に特有のアイテムですので用意しておきましょう。これらは大体5,000円程度で揃えることができるかと思います。


分娩費・入院費ですが、国民健康保険中央会のデータ「正常分娩分の平均的な出産費用について(平成28年度)」によると、「妊婦合計負担額」は50万5,759円となっています。この数字は出産時の、病院・診療所・助産所にかかる金額の全国平均です。個室に入院する、無痛分娩を選択する、帝王切開になった……等の要素があれば、この平均額よりもやや高めになります。


場合によってはこんな費用も……?

健診や分娩費は確実にかかる費用ですが、妊娠期間中はそれ以外の出費もあります。


妊娠が進んでいくと、妊婦さんの体型や体調がどんどん変化していきます。妊娠期間中を健やかに過ごすためのマタニティグッズは、妊婦さんの大きな助けになるはずです。マタニティウェア、骨盤ベルト、抱き枕などを積極的に活用しましょう。


里帰り出産をするなら、行き帰りの交通費が発生します。生活の拠点を移すわけですからちょっとした引越しでもあり、キャリーケースで運べる程度の荷物なら費用はかかりませんが、荷物や家具を送るのであれば配送料がかかります。


また、戌の日に安産祈願のお参りをする妊婦さんも多いかと思います。神社でお祓い・祈祷をしてもらうのですが、この時“初穂料”という費用がかかります。初穂料は神社ごとに異なった金額が設定されていますが、大体3,000円、5,000円、1万円くらいが一般的なようです。



赤ちゃんが産まれたら、今度は新生児用の育児グッズが必要となります。産後は体調が優れないので、妊娠中の安定期にある程度揃えておくとよいでしょう。新生児用グッズには以下のようなものがあります。


授乳用品……哺乳瓶(1,300〜1,500円程度)、粉ミルク(2,000〜3,000円程度)、哺乳瓶用洗剤(500円程度)、搾乳機(3,000〜4,000円程度)など

ベビーウェア……短肌着(1,000〜2,000円程度)、長肌着(1,000〜2,000円程度)など

寝具……ベビーベッド(1〜2万円程度)、布団や枕(3,000円〜5,000円)など

衛生用品……ベビーローション(1,000円程度)、赤ちゃん用つめ切り(1,000円程度)、ベビーバス(1,500円〜2,000円程度)など

おむつ用品……布おむつ・紙おむつ(1,500〜2,000円程度)、おしり拭き(2,000〜3,000円程度)など

外出用品……ベビーカー(2〜3万円程度)、チャイルドシート(2〜3万円程度)、抱っこ紐(1〜2万円程度)など



これら全てを完璧に買い揃えるなら10万円以上は見積もっておいたほうが安心です。しかし新生児用グッズにかかる費用は工夫次第で大幅に節約できますし、「新生児に必要なものリスト」にオススメされているからといって、すべてを用意しておかなければならないというわけではありません。育児をしながら本当に必要なものが見えてくるはずですので、無駄な出費を抑えるためにも「最初に全部用意する」ではなく「順次買い足していく」方が賢明だと思います。


新生児用グッズの節約の例には以下のような方法があります。ぜひご参考ください。

お下がりやフリーマーケットを利用する

ベビーベッドは購入せず、レンタルする

ベビーウェアは必要に応じて買い足していく

ロッキングチェアはまだ使うかどうかわからないので買わない

沐浴はベビーバスでなく、普通の浴槽で代用する

授乳クッションは、普通のクッションで代用してみる


また、無事出産を終えたら親戚や知り合い、職場の上司から出産祝いをいただくことがあると思います。出産祝いをいただいたら出産内祝い(お返し)をしましょう。出産内祝いの相場は受け取った金額(品物であればその値段)の3分の1~半分とされています。

妊婦さんを支えるさまざまな補助金

大きな出費がハードルとなる妊娠・出産ですが、補助金を活用すれば負担を相当減らすことができます。


妊婦健診で触れた補助券ですが、これは受診料を無料にできる、または大幅に安く抑えることができるものです。妊婦健診用の回数券のようなものと考えればわかりやすいかもしれません。補助券の内容や総額は自治体によって異なるので確認しておくとよいでしょう。


全国平均で50万円以上がかかる分娩費・入院費ですが、出産にも補助金があります。公的医療保険(健康保険や共済組合など)に加入していれば“出産育児一時金”として1児につき42万円(産科医療補償制度対象出産でない場合は40万4千円)を受け取ることができます。出産育児一時金を利用する場合は申請が必要ですので忘れないようにしましょう。


また、赤ちゃんが産まれたタイミングで子供向けの共済・保険を検討してみてもいいかもしれません。赤ちゃんが大人になるまでの間、育児の費用は必ずかかってくるものです。共済・保険で学資金や万一の怪我などに備えておけば、安心して子育てをしていけるはずです。たとえば、JA共済のこども共済「学資応援隊」は、教育資金を計画的に準備でき、万一のときにも備えられます。是非この機会に資料請求をされてみてはいかがでしょうか。


補助金や共済・保険を活用してお金の心配を減らし、心おきなくかわいい赤ちゃんを迎えましょう。


参考:
JA共済 こども共済
http://www.ja-kyosai.or.jp/okangae/product/human/kodomo.html

公益社団法人 国民健康保険中央会「出産費用の全国平均値、中央値(様式1~4)」
https://www.kokuho.or.jp/statistics/birth/lib/h28nendo_syussan1-4.pdf

妊婦健診-厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/boshi-hoken13/dl/02.pdf

全国健康保険協会 子どもが生まれたとき
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat315/sb3080/r145

厚生労働省 出産育児一時金の支給額・支払方法について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/shussan/index.html

価格.com
https://kakaku.com/baby/

この記事をシェアする

よく読まれている記事

1分でわかる

  • 生活障害共済「働くわたしのささエール」 万が一に備えてしっかり準備しよう!
  • 自動車共済「クルマスター」 万が一に備えてしっかり準備しよう!
  • 介護共済 万が一に備えてしっかり準備しよう!
  • 予定利率変動型年金共済「ライフロード」 万が一に備えてしっかり準備しよう!
  • 医療共済 万が一に備えてしっかり準備しよう!
  • がん共済 万が一に備えてしっかり準備しよう!
  • こども共済 万が一に備えてしっかり準備しよう!
  • 建物更生共済 万が一に備えてしっかり準備しよう!

↑